1. TOP
  2. 仮想通貨がタダで貰えちゃうAirdropって一体何?

仮想通貨がタダで貰えちゃうAirdropって一体何?

 2018/03/11 Airdrop この記事は約 6 分で読めます。 45 Views

こんにちはAirdrop女子大生のぞみです!^^

私が、ビットコイントレード情報局でたびたび情報発信させて頂いている

仮想通貨がタダで貰えちゃう!「Airdrop」について今回はご説明します!(*^-^*)

 

そもそもタダでコインが貰えるって、どういうこと?って感じですよね(笑)

ものによっては、1000円以上のコインをタダで貰えるものもあるので

資産が少ない方や、初心者の方はAirdropで仮想通貨をGETしまくって、資産を増やす方法がおススメなんです!

また、Airdropに登録したときはそれほど通貨に価値がなくても

後からタダでGETした通貨の価格が爆上がりして、一括千金なんかもあり得ちゃうんです(*^^)¥

 

Airdropとは…?

これまでの「Airdrop」といえば、スマホで写真やデータを送信する機能を想像していたのですが

仮想通貨におけるAirdropは全くイメージの違うものになります!

 

Airdropとは、仮想通貨の開発者が作成した通貨(トークン)を無料で配布することを指します。

なぜ無料?なんか仮想通貨で無料って怪しい(”^ω^)・・・と思う方も多くいらっしゃると思います。

私も最初このサービスを知ったとき、少し警戒した記憶がありますもん(笑)

 

でも、こうして無料で配布するのはきちんとした目的があるのです!

無料でトークンを配布する目的は

・トークンの知名度を向上させること

・トークンの流通をよくするために保有者を増やすこと

が目的として挙げられます。

 

現在、仮想通貨は1000種類以上にも及ぶと言われているので

無料で配布して保有してもらい、知名度の向上を目指すという事が非常に重要なんです。

保有者が増えると、流動性が上がるのでトークンの価値が上昇することも期待できます。

 

Airdrop詐欺に注意!

悲しいことに、現在Airdropを利用した詐欺被害にあっている方も多くいらっしゃいます。

ただ、少しの知識と注意をするだけで、そうした詐欺に引っかかる確率はグンと下がりますので

Airdrop詐欺に遭わないための、フィッシング詐欺事例・見極めのポイントをお伝えします!

 

フィッシング詐欺に気を付ける

※フィッシング詐欺とは…?

何かしらの方法で、ユーザーを偽サイトへアクセスさせ、偽サイトのフォームにパスワードを入力すると

入力した情報がハッカーに知られてしまい、不正ログイン後にお金を盗まれる詐欺方法です。


☆ケース① ドメインのアドレス文字を1文字だけ変えた偽サイト

例えば、bitFlyer公式サイトのアドレスは→https://bitflyer.jp/ja-jp/ex/Home

ですが、このアドレスの//bitflyer.jp//部分のiがǐという表記になっているということです。

〇→//bitflyer.jp//  ×→//bǐtflyer.jp//

1文字だけ表記が違っても、なかなか気づきにくいですよね(-_-;)

Airdropのみならず、仮想通貨に関するサイトにログインする際は、ドメインがおかしくないかきちんと確認しましょう。

 

☆ケース② 秘密鍵の入力を求められるもの

Airdropの登録の際に、Walletの秘密鍵(プライベートキー)の入力を求められるものがあります。

入力を求められても絶対に入力してはいけない+入力を求めてくるAirdropには絶対に参加してはいけません!

秘密鍵を提出してしまうと、Walletで管理されている資産をすべて盗むことができる状態になるので、大切な資産を守るために、絶対に提出することは避けましょう!

 

ウイルス系の詐欺に気を付ける

☆受け取り用のウォレットアプリにウイルスを仕込まれるケース

このケースは稀なものですが、取引所のハッキングなどでもウイルスが仕込まれている場合があります。

アプリをダウンロードする際は、公式サイトできちんとしたアプリか確認する

怪しいと思ったものは、アプリのレビューをよく見るなどして注意してダウンロードに望みましょう!

 

Airdropのアカウントハッキングするケース

☆本物のサイトをハッキングし、偽情報を流すケース

公式サイトや、Telegramのような公式SNS・メルマガなどがハッキングされて、サイト上に偽のプレセール情報が掲載されていました。

ハッキングされたことを知らない利用者からすると、サイトからの公式発表にしか見えません。

公式発表があった際には、SNSなどで情報収集をして、周りの雰囲気を掴んでから動き出しましょう!

Airdropの参加方法は多種多様

Airdropの参加方法は、ICOによって様々です。

特定の通貨をWalletに保有しているだけで参加できるものもあれば、メールアドレスやテレグラムに参加してアカウントを登録し、無料でトークンを入手できるなど色々な方法があります。

 

基本的に、参加するために必要なものは以下の4つが挙げられます。

1.メールアドレス

2.Telegramアカウント

3.イーサリアムアドレス

4.Twitterアカウント

 

イーサリアムアドレスは、取引所のものでなく、MyEtherWalletやHBWalletなど、ご自身でウォレットを作成して秘密鍵を管理するためのウォレットを作成してください。

 

また、イーサリアムアドレス登録の際はメールアドレスが必要なのですが

普段使っていない、ウォレット専用のメールアドレスとイーサリアムアドレスを作成することをお勧めします!

Airdropは、トークンがタダで貰えるものなので、登録したメールアドレス宛にスパム広告が来る可能性や

登録したウォレットがハッキングされてしまう可能性もあるので気を付けましょう!(^^)!

登録するパスワードも、使いまわしが原因で芋ずる式にアカウントをハッキングされてしまう場合があるので

同じものを使いまわさないように心がけましょう!

 

まとめ

きちんと対策を行い、知識があればリスクなしにタダで通貨を貰えちゃうAirdrop!

メールアドレス・イーサリアムアドレスを普段使わないもので登録し、パスワードも同じものを利用しないだけできちんとした詐欺対策になります。

余剰資金があまりなくて、仮想通貨を頑張りたい方にはピッタリなサービスですので是非サクッと登録してみましょう♫

Airdrop案件は、随時更新していきますのでそちらも是非ご覧ください(*´▽`*)

※仮想通貨への投資は自己責任でお願いします

\ SNSでシェアしよう! /

ビットコイントレード情報局の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ビットコイントレード情報局の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
公開案件の先行配信が受けられる Line@の友達追加はこちら


国内最大手の取引所bitFlayer(ビットフライヤー)


 



国内最大手の取引所であるbitFlayerは、三井住友海上やリクルート、三大メガバンクなど超有名企業が株主としてなお連ねる。LightingFXと呼ばれるFXも人気で、迅速に出金できるのも魅力的です。まだ、登録がお済でない方は、是非アカウント解説をしておきましょう♫


通貨のラインナップが豊富!Coincheck(コインチェック)


 



アプリが非常に利用しやすいことで有名なCoincheck!初心者の方でも安心してご利用いただけます。また、仮想通貨のラインナップが豊富なので、将来性のある仮想通貨がたくさんあっておススメです♫


 


手数料を安く抑えられるZaif(ザイフ)



Zaifの魅力は、bitFlayer・Coincheckに比べて、手数料を安く抑えられるところです。また取り扱い通貨も豊富で、他の取引所にはない珍しい通貨が揃っています。値上がり前の仮想通貨で一発逆転を狙いたい方におススメです。


 


関連記事

  • 1100円相当のAirdrop案件!P2Pローンベースによる決済システム「SOFIN」

  • 音楽配信サービス「Bitsong」によるAirdrop案件

  • 簡単2ステップ♫Beauty Ecosystem Coin(BEC)によるAirdrop案件

  • 訴訟資金を集めるためのクラウドファンディングTrial TokenのAirdrop(^^♪

  • 超簡単!中国発の魚育成ゲーム!FISHCHAINによるAirdrop

  • アフリカ発の銘柄を取り扱う仮想通貨取引所「vendex」によるAirdrop開催中!