1. TOP
  2. 中国の取引所!Biboxの登録方法と使い方を徹底解説

中国の取引所!Biboxの登録方法と使い方を徹底解説

 2018/02/22 Bitcoin(ビットコイン) この記事は約 5 分で読めます。 55 Views

中国の取引所といえば、Binanceをイメージされる方も多いと思いますが

中国には「Bibox」と呼ばれる取引所があります。

現在非常に登録者数が増えており、アクセスもしにくい状態なんだとか…

登録停止などが起こってしまう前に、早めの登録をおススメします♫

今回は、そんなBiboxの登録方法から使い方まで、徹底解説します!

 

Biboxとは…?

Biboxは、2017年11月にオープンした中国の取引所です。

オープンから約3カ月しか経過していませんが、Biboxの現在の取引所出来高は20位で12,482BTCと凄まじい勢いがありますね。

%title %name tegory %tags

また取り扱い銘柄も、他の取引所では見られない独自の銘柄をたくさん取り扱っていて魅力的です。

Biboxトークンという、独自のトークンも発行されており同じく中国の取引所であるBinanceやKucoinと似ている所がありますね。

 

Biboxを利用するメリット

Biboxは、11月にオープンしたばかりの取引所ですのでまだ、世界的な知名度はそこまでありません。

ただ、取引高が20位と、凄まじい成長を遂げている取引所だと思うので、これからの可能性を感じますね。

以前Binanceで取引所規制を行われていたこともあったので、登録停止になる前に早めの登録をしておきましょう♫

→登録はコチラから←

 

Bibox限定の取り扱い銘柄

Biboxでしか取り扱ってない取り扱い銘柄というのが、多数存在します。

新規ユーザーが多数流入する時期に、魅力的な銘柄を多数取り扱っていることが取引所の課題となります。

そういった所で、Biboxでは独自取扱銘柄を多数用意しているので、今後の発展が楽しみですね。

現在、Biboxだけで取り扱いがあるコインは、以下のコインとなります。

・BIX (Bibox Token)

・CAT (BitClave)
・MOT (Olympus Lab)

・AWR (AWARE)

 

今後色々な機能が追加されます

今後Biboxでは色々な機能の追加が予定されています。

Margin Trade機能の実装でですとか、BiboxでICOを利用があったりC2Cトレードができたり

Bibox独自の機能の準備が行われていることが伺われます。

BiboxのICOは即完売されたので、今後の展開が楽しみですね!^^

 

Biboxスマートフォン用アプリ

Biboxでは、アプリケーションの開発も行われています。

既に、スマホ用のアプリがリリースされているので、手軽にチャートを確認できますね♫

%title %name tegory %tags

%title %name tegory %tags

Biboxを使用時の注意点

Biboxhは、オープンして間もない取引所ですので大手の取引所と比べると、まだセキュリティーやサーバー面で弱い部分があります。

現在ユーザーが急増していることで

サイトがアクセスしにくくなっていたりETHを着金しても反映されない!というトラブルもあるようです。

ETH着金問題につきましては、問い合わせで対応が可能ですのでご安心ください。

 

また、これまで中国で仮想通貨に関する規制が施行された際に、大手3取引所が一時的なクローズになったという事例があります。

そういった事例もありますので、リスクがあるということを頭に入れておきましょう。

 

Bibox登録方法

Biboxの公式サイトにアクセスし、情報を入力してSignUpをクリック

1.メールアドレス

2.パスワード

3.パスワード(確認用)

4.「Click to retly」をクリック

%title %name tegory %tags

②登録したメールアドレスにメールが届くので、赤枠をクリックしてメール認証をします。

%title %name tegory %tags

%title %name tegory %tags

以上で登録は完了です。

 

二段階認証

不正アクセス防止などのために、二段階認証を行いましょう♫

①Biboxサイトにログインし、右上のアカウントをクリック後「Account Information」を選択

 

%title %name tegory %tags

「Account Information」をクリック後、少し下にスクロールして「Security Setting」で二段階認証を行います。%title %name tegory %tags

ここでは、各種設定を行うことができるのですが、最低でも「GogleAuthentication」で二段階認証を行う事をおススメします。

 

「GogleAuthentication」で二段階認証を行う方法

①GogleAuthenticationの右側にある「Enable」ボタンをクリックします。

②アプリがまだの方は、お手持ちのスマートフォンでアプリのダウンロードを行い、QRコードを読み込みます。

読み込んだら、上の赤枠にBiboxログインパスワード・下の赤枠にGogleAuthenticationに出てきた数字を入力して「Confirm」をクリックします。

%title %name tegory %tags

以上で二段階認証は終了です。

 

まとめ

今回は、中国取引所Biboxを紹介しました。

Biboxは、まだオープンして日が浅いにも関わらず、取引高が20位と非常に勢いの感じられる取引所です。

独自トークンであったり、他の取引所では取引できないコインが購入できるなど注目ポイントもたくさんあります。

取引所新規登録が停止になってしまう可能性もあるので、早めに登録しておきましょうね♫

↓↓Biboxの新規登録はコチラから↓↓

%title %name tegory %tags

\ SNSでシェアしよう! /

ビットコイントレード情報局の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ビットコイントレード情報局の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
公開案件の先行配信が受けられる Line@の友達追加はこちら


国内最大手の取引所bitFlayer(ビットフライヤー)


 



国内最大手の取引所であるbitFlayerは、三井住友海上やリクルート、三大メガバンクなど超有名企業が株主としてなお連ねる。LightingFXと呼ばれるFXも人気で、迅速に出金できるのも魅力的です。まだ、登録がお済でない方は、是非アカウント解説をしておきましょう♫


通貨のラインナップが豊富!Coincheck(コインチェック)


 



アプリが非常に利用しやすいことで有名なCoincheck!初心者の方でも安心してご利用いただけます。また、仮想通貨のラインナップが豊富なので、将来性のある仮想通貨がたくさんあっておススメです♫


 


手数料を安く抑えられるZaif(ザイフ)



Zaifの魅力は、bitFlayer・Coincheckに比べて、手数料を安く抑えられるところです。また取り扱い通貨も豊富で、他の取引所にはない珍しい通貨が揃っています。値上がり前の仮想通貨で一発逆転を狙いたい方におススメです。


 


関連記事

  • 仮想通貨ADAとは?

  • ビットコイン分裂問題続報!!

  • 【毎週配当でお得!!】仮想通貨銀行BANKERA(バンクエラ)のICOとは?

  • LINE ついに仮想通貨事業に参入へ!!

  • 台湾地震の義援金は仮想通貨支援も可能!

  • 初心者でも安心!!1万ダウンロード達成の【HB Wallet】を使ってみよう