1. TOP
  2. 8月1日ビットコイン分裂問題 対応と対策

8月1日ビットコイン分裂問題 対応と対策

 2017/07/17 Bitcoin(ビットコイン) この記事は約 6 分で読めます。 245 Views

いよいよ8月1日ビットコイン分裂問題の期日が迫ってきました。

 

そもそもBitcoinは中央集権ではないとはいいつつも

ビットコイン採掘(マイニング)側のマイナーとユーザー

それぞれに利害関係がある以上、

派閥や利権争いの対立が起こることは避けられません。

 

 

現在の対立の大きな図式としては、

 

マイナー 対 ユーザー

 

となり、

 

採択案としては

 

Segwit2x(セグウィット2メガバイト)

UASF(ユーザーアクティベイトソフトフォーク)

UAHF(ユーザーアクティベイトハードフォーク)

 

の3案がメインとなっています。

 

この中で、現在1番支持されていると言われるのが

 

「SegWit2x」

 

です。

 

先日、ビットコインのマイニング機械の

約7割のシェアを持つと言われる

中国の大手マイナーが

 

Segwit2x(2メガバイト)

 

を支持したことも、追い風となっているようです。

 

長いモノには巻かれろといった流れですね、、、

 

 

これらの中で、どの規格が生き残るのか(もしくは共存しうるのか)

 

一旦結論が出るのが8月1日であることから、

 

現在多くの人がビットコインを売りに出しています。

 

具体的に、ここ1週間の値動きとしては、

1ビットコイン約290,000円から一時206,000円台と、

約29%も暴落しています。

 

今後、ビットコインの価格がどうなるのかに関しては、

実際に8月1日を過ぎてみないことには判かりませんが、

 

7月21日にSegwit2x(2メガバイト)

の実行ソフトウェアがリリースされることから、

 

我々ビットコインのユーザーとしては早めの対策が必要です。

 

7月後半以降、騒動が収まるまではビットコインでの

入出金出来なくなるリスクが考えられるからです。

 

 

対策としては、

 

■日本円、ドルなどのフィアット通貨やビットコイン以外のアルトコインに両替する。

 

■混乱が予測される取引所から、ビットコインを各自のウォレットに移管する

 

 

ことが無難だと考えています。

 

 

具体的にビットコインの移管に関しては、

 

Trezor(トレザー)

%title %name tegory %tags

 

 

 

 

 

 

 

 

Ledger(レジャー)

%title %name tegory %tags

 

 

 

 

 

 

 

Keepkey(キープキー)

%title %name tegory %tags

 

 

 

 

 

などの

ハードウェアウォレットに入れてオフラインで保管するのがベスト

ですが、

転売されているハードウェアウォレットは避けた方が良いです。

(転売で売りに出されていいたウォレットに保管していた

ビットコインが盗まれた方がおられるという情報がありました。)

 

ハードウェアウォレットは海外の販売元から新品で手に入れるようにしましょう。

(少なくとも、使う前に初期化した方がベターです。)

 

 

ただ、ハードウェアウォレットは手に入れるまで日にちがかかるため、

ハードウェアウォレットお持ちでない方は、

端末上にのみ秘密鍵を保管するソフトウェアウォレットタイプの

ビットコインウォレット

 

Breadwallet(ブレッドウォレット)

%title %name tegory %tags

 

 

 

 

 

 

 

がいいと思います。

 

Breadwalletは他のウォレットに比べセキュリティも高く、

今回の分裂騒動に対応する旨の声明を出しています。

 

また、ブレッドウォレットは、

iPhone,Androidどちらでも使えるため、

取引所から一旦Bitcoinを退避させる先として、

急ぎで対応するのにも十分間に合います。

 

iPhoneの方はこちら

 

Androidの方はこちら

 

※Breadwalletではビットコインの通貨単位にBTCではなく、

bits(b)が使われているため

1bits=1μBTC=0.000001BTCになります。

 

いずれにせよ、

今後も仮想通貨で利益を上げ続けるためには、

取引再開時に直ぐに買い戻せる態勢を整えておくことが大切

だと考えています。

 

相場は一直線に右肩上がりで上がったり下がったりすることはありませんので

完全に下げが落ち着いたら、絶好の買い増しの機会になる

と考えられます。

 

虎視眈々と機を狙い、チャンスの時にすぐ動けるよう、

今のうちにしっかりと準備をしておきましょう!

 

 

今後の対処法や、今後の目所については、動画をUPしております。

まだ確認されていない方はこちらの動画をご視聴下さい。

チャートの見方、BTC価格を追っていく上で目安になる価格など、

分析の仕方についても少し触れています。

 

何も知らずに価格が下がるのを見ているのと、

「次の抵抗線がどのあたりにあるから幾らまで下がる可能性がある」

と考えながらチャートを見るのとでは、

精神衛生面で大きな違いがあります。

ぜひ分析の仕方を、過去の動画も何度も見て参考にして頂けたらと思います。

 

 

また、ビットコイン分裂問題への対応と対策として

 

他の投資先に資金の一部を移すのも有効かもしれません。

 

以前LINE@で少しだけ紹介した、

 

『株取引で原資300万円を1年で1億円以上に増やしている投資家の手法』

 

こちらの教材を実は既に用意してあります。

 

仮想通貨市場が勢いを取り戻すまで、

この株取引の手法で資産を増やす方が

早くて安心かもしれないと考えています。

 

現在記事は準備中ですので、

ご興味がある方はお問い合わせフォームから直接ご連絡ください。

 

 

しかし、ビットコインのインフラ整備がどんどん進んでいる現実と、

今回の分裂騒動という相反する動き。。。

 

果たして、この業界、

権力者が自らの利益だけ追求するという壟断の図式は、

どこまで許されるべきなのでしょうか?

 

 

こちらも合わせてお読みください。

ビットコイン保有者必見!! 分裂問題への対応と対策

\ SNSでシェアしよう! /

ビットコイントレード情報局の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ビットコイントレード情報局の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
公開案件の先行配信が受けられる Line@の友達追加はこちら


国内最大手の取引所bitFlayer(ビットフライヤー)


 



国内最大手の取引所であるbitFlayerは、三井住友海上やリクルート、三大メガバンクなど超有名企業が株主としてなお連ねる。LightingFXと呼ばれるFXも人気で、迅速に出金できるのも魅力的です。まだ、登録がお済でない方は、是非アカウント解説をしておきましょう♫


通貨のラインナップが豊富!Coincheck(コインチェック)


 



アプリが非常に利用しやすいことで有名なCoincheck!初心者の方でも安心してご利用いただけます。また、仮想通貨のラインナップが豊富なので、将来性のある仮想通貨がたくさんあっておススメです♫


 


手数料を安く抑えられるZaif(ザイフ)



Zaifの魅力は、bitFlayer・Coincheckに比べて、手数料を安く抑えられるところです。また取り扱い通貨も豊富で、他の取引所にはない珍しい通貨が揃っています。値上がり前の仮想通貨で一発逆転を狙いたい方におススメです。


 


関連記事

  • 下がっても増える?! ビットコイン FXで下落をチャンスに!

  • 知らないと損する!! 仮想通貨取引所と販売所の違いとは?

  • 【毎週配当でお得!!】仮想通貨銀行BANKERA(バンクエラ)のICOとは?

  • 騙された!と気づく前に!仮想通貨投資詐欺に巻き込まれないためには

  • 速報!! 8月1日ビットコイン分裂問題

  • ビットコインの乱高下で一喜一憂しないためのコツ