1. TOP
  2. コインチェック事件で所得税確定!?あなたの税金大丈夫ですか?

コインチェック事件で所得税確定!?あなたの税金大丈夫ですか?

 2018/01/29 仮想通貨 マイニング 仮想通貨の税金と節税 この記事は約 5 分で読めます。 286 Views

2018年1月26日、日本最大のアルトコイン取引所であるCoinCheck(コインチェック)から

約5億XEM(時価総額580億円)の盗難を受けたことを発表されました。

Coincheckでの、NEMの保有数は約26万人でした。

 

%title %name tegory %tags

 

NEM財団代表Lon氏の

「CoincheckはNEMのマルチシグコントラクトを使用していなかったため XEM を盗まれた。

NEMの脆弱性ではないためフォークは行わない。 今回の盗難は仮想通貨市場最大の被害額だ」

 

という発言から、CoinCheckに不正アクセスが行われ盗難が行われたことが発覚しました。

XEMの盗難を受けて、CoinCheckの取引は一時中止されていました。

 

なぜ被害にあったのか

今回、なぜ580億円ものネムが盗まれてしまったのでしょうか?

今回は、ハッカーに盗難をさせてしまった

コインチェックのセキュリティーに、問題があったと考えられます。

 

今回のハッキングの具体的な原因としてあげられている事として

 

①マルチシグを行っていなかったこと

②本来コールドウォレットで管理すべきだったものをホットウォレットで管理していた

以上の2つがあげられます。

 

①マルチシグを行っていなかったこと

マルチシグとは、公開鍵暗号方式で秘密鍵が2つ以上あることを言います。

 

%title %name tegory %tags

それが『秘密鍵』『公開鍵』です。

公開鍵は誰に対しても公開していい鍵ですが、

秘密鍵は、公開せずに自分だけが知る秘密の鍵です。

 

通貨を送金したい人は、受け取り側の公開鍵を教えて貰います。

その公開鍵で、通貨のデータを暗号化して、通貨の送信を行います。

その際に、送金されたお金を受け取る人は、秘密鍵を使って

自分で通貨のデータを復元をしてお金を受け取ります。

 

今回、コインチェックはNEMのマルチシグを行っていませんでした。

 

本来コールドウォレットで管理すべきだったものをホットウォレットで管理していた

 

ホットウォレットとは、インターネットに接続された環境にある、ウォレットのこと指します。

一方、コールドウォレットとは、インターネットと離された、ウォレットのことを指します。

 

インターネットと離された環境に通貨を預けることで、不正アクセス対策になります。

ただ、今回はホットウォレットに通貨を置いていたため、外部から不正アクセスをされてしまいました。

 

 

JKのみなりんが大活躍

今回を受けてTwitterで天才女子高生のみずなしりん(みなりん)さんが大活躍しています。

みなりんさんはNEM財団から直接指名をされ盗まれたNEMの追跡を行っています。

 

%title %name tegory %tags

 

一部インフルエンサーのブログなどで

みなりんがハッキング犯との情報が流出していましたが、

本人はTwitterで否定をしています。

 

%title %name tegory %tags

みなりんさんは、ホワイトハッカーとして、ネムの盗まれたお金の追跡を行っています。

現在、みなりんさんは犯人を特定し、通貨のマーキングは不可能なので

犯人のウォレットに対しマーキングを行っていると発表しています。

 

%title %name tegory %tags

盗難被害翌日、Coincheckが日本円での返金を発表

%title %name tegory %tags

 

盗難被害にあってから1日後の1月27日、Coincheckが

すべてのNEM保有者に対して日本円でコインチェックウォレットに

被害額を返金すると発表しました。

日本円で補償行われ、補償額は「88.549円×XEMの保有数」で計算されます。

 

今回、コインチェックでネムを保有して 含み益が出ていた場合は事実上利益確定となります。

となると、利確する予定の無かった人にも強制的に税金がかかることになります。

 

そのため、仮想通貨の税金に関しても気になるところです。

 

節税対策にはmononofuマイニングがおススメ

ビットコインを始めとする

仮想通貨のマイニングといえば、マシンのパワーを購入する

【クラウドマイニング】

というサービスがありますが、クラウドマイニングは、

マシンそのものの実機購入ではなく、

あくまでマシンのパワーの一部をわけてもらう仕組みのため、

節税効果は期待出来ません。

 

それに対し、当局がご提供するmononofuマイニングでは

マイニングマシン実機そのものをご購入いただけるため、

減価償却の節税効果が大きいことが非常に大きなメリットです。

%title %name tegory %tags

↑新品正規品でもちろんメーカー保証付き!電源も90plus GOLDというハイスペックのものを使っています!!

 

%title %name tegory %tags

↑当局我妻が実際にファームを視察してまいりました。

 

実際に支払うべき税金をマシンが吸収してくれるというイメージです。

どれくらい節税効果になるかというと・・・

マシン代金の何と9割を最大5年間に渡り償却経費扱いにできます。

 

また、マイニングをすると、毎日コツコツとビットコインが手に入ります。

 

つまり、ビットコインを毎日手に入れ続けながら

さらにあなたが本来支払うべき税金の多くを減らすことができるのです!

(税務会計処理の詳細については税理士等専門家にご確認ください。)

 

mononofuマイニングの概要はコチラの資料をご覧ください

 

税金対策にも有効なmononofuマイニングに関しての

ご質問や詳しい内容についてはこちらからお問合せ下さい!

お問い合わせはこちら

 

\ SNSでシェアしよう! /

ビットコイントレード情報局の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ビットコイントレード情報局の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
公開案件の先行配信が受けられる Line@の友達追加はこちら


国内最大手の取引所bitFlayer(ビットフライヤー)


 



国内最大手の取引所であるbitFlayerは、三井住友海上やリクルート、三大メガバンクなど超有名企業が株主としてなお連ねる。LightingFXと呼ばれるFXも人気で、迅速に出金できるのも魅力的です。まだ、登録がお済でない方は、是非アカウント解説をしておきましょう♫


通貨のラインナップが豊富!Coincheck(コインチェック)


 



アプリが非常に利用しやすいことで有名なCoincheck!初心者の方でも安心してご利用いただけます。また、仮想通貨のラインナップが豊富なので、将来性のある仮想通貨がたくさんあっておススメです♫


 


手数料を安く抑えられるZaif(ザイフ)



Zaifの魅力は、bitFlayer・Coincheckに比べて、手数料を安く抑えられるところです。また取り扱い通貨も豊富で、他の取引所にはない珍しい通貨が揃っています。値上がり前の仮想通貨で一発逆転を狙いたい方におススメです。


 


関連記事

  • 台湾地震の義援金は仮想通貨支援も可能!

  • ICO参加に使える!イーサリアウォレットimTokenの登録方法

  • 音楽配信サービス「Bitsong」によるAirdrop案件

  • 初心者でも安心!!1万ダウンロード達成の【HB Wallet】を使ってみよう

  • ビットコインの乱高下で一喜一憂しないためのコツ

  • 仮想通貨ADAとは?