1. TOP
  2. 台湾地震の義援金は仮想通貨支援も可能!

台湾地震の義援金は仮想通貨支援も可能!

 2018/02/08 Bitcoin(ビットコイン) 仮想通貨 仮想通貨取引所 この記事は約 2 分で読めます。 131 Views

2018年2月6日、台湾東部・花蓮県で震度7の地震が発生しました。

8日午前までに、計9人の死亡が確認され、未だ58人と連絡が取れていないと台湾当局は発表しています。

 

地震の深さは、マグニチュード5.7で、マンションやホテルが傾くほどの大きな揺れでした。

崩れた建物の中に、閉じ込められている可能性が高い人が10人程だとみて、消防隊員は救出作業を急いでいます。

 

東日本大震災発生時、親日国家・台湾から日本へ多額の義援金が寄せられており

日本赤十字社に対してだけでも、29.2億円もの義援金を寄付されました。

%title %name tegory %tags

※この数字はあくまで「日本赤十字社に寄せられた」義援金の総額です。ですので、日本赤十字社以外も含めた支援金額は200億円以上にのぼるとされています

 

そんな台湾に「今度は私たちが恩返しする番だ」とTwitterなどで呼びかけられています。

 

台湾地震の義援金は仮想通貨支援が可能!

今回の台湾地震の義援金寄付は、仮想通貨で行うことが可能です。

ちょうど1年ほど前にも、台湾で大きな地震が発生していました。

 

2017年2月6日、台湾南部でマグニチュード6.4の地震が発生し、多数の死者・負傷者が出ました。

その際に、コインチェック社がコインチェック基金を立ち上げて

ビットコインでの寄付を募り、およそ16万円の寄付を行っています。

 

コインチェック社は、騒動の真っ只中にいるため、なかなか動けないと思いますが

日本赤十字社では、ビットコインでの義援金を募集しています。

 

日本赤十字社への募金は、bitflayerのホームページから行うとスムーズに募金できます(*^-^*)

%title %name tegory %tags

お客様IDと寄付金額を入力するだけで今すぐに寄付が出来ます。

 

台湾加油!

 

日本が大変な時にすぐ手を差し伸べてくれた台湾に今こそ恩返しする番ですね!

 

♫日本赤十字社のビットコイン募金はコチラから♫

%title %name tegory %tags

 

\ SNSでシェアしよう! /

ビットコイントレード情報局の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ビットコイントレード情報局の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
公開案件の先行配信が受けられる Line@の友達追加はこちら


国内最大手の取引所bitFlayer(ビットフライヤー)


 



国内最大手の取引所であるbitFlayerは、三井住友海上やリクルート、三大メガバンクなど超有名企業が株主としてなお連ねる。LightingFXと呼ばれるFXも人気で、迅速に出金できるのも魅力的です。まだ、登録がお済でない方は、是非アカウント解説をしておきましょう♫


通貨のラインナップが豊富!Coincheck(コインチェック)


 



アプリが非常に利用しやすいことで有名なCoincheck!初心者の方でも安心してご利用いただけます。また、仮想通貨のラインナップが豊富なので、将来性のある仮想通貨がたくさんあっておススメです♫


 


手数料を安く抑えられるZaif(ザイフ)



Zaifの魅力は、bitFlayer・Coincheckに比べて、手数料を安く抑えられるところです。また取り扱い通貨も豊富で、他の取引所にはない珍しい通貨が揃っています。値上がり前の仮想通貨で一発逆転を狙いたい方におススメです。


 


関連記事

  • 値動きが丸見え?!無料で使えるいなごFlyerが超便利!!

  • LINE ついに仮想通貨事業に参入へ!!

  • GogleTrendsから見る、仮想通貨に対する世界の関心

  • Binanceで通貨を売買する方法を徹底解説

  • ハッキングリスク回避!分散型取引所(DEX)とは?

  • ビットコイン8月1日問題へ向けて