1. TOP
  2. 【驚愕】空飛ぶ仮想通貨SKYFchain誕生?! 評価サイト満点の超有望ICOスカイエフチェーンを見逃すな!

【驚愕】空飛ぶ仮想通貨SKYFchain誕生?! 評価サイト満点の超有望ICOスカイエフチェーンを見逃すな!

 2018/03/05 ICO この記事は約 7 分で読めます。 217 Views

ICObenchで満点評価の「SKYFchainのプレICOが開始しました。

SKYFchainは空飛ぶ仮想通貨って…?!一体どうゆうことなのでしょうかΣ(・ω・ノ)ノ!

今回は、そんな気になるICOを調べてみました♫

 

SKYFchainの基本特徴とスペックについて

企業名:SKYFchain

国:エストニア

トークン名:SKYFT

価格:SKYFT=$0.065

トークン量:12億トークン

 

SKYFchainの最大の特徴は、世界初の重化物向け産業用ドローンだということですΣ(・ω・ノ)ノ!

現在、AMAZONなどでもドローンを導入することが検討されており、どんどん市場拡大が期待されています。

SKYFchainは、クライアントとして大企業が名を連ね、ドローンの飛行テストにも成功しています。

 

それでは、具体的にどのようなものかか見てみましょう♫

 

世界初の重化物向け産業用ドローン

SKYFchainは、世界初の重貸物向け産業用ドローンのオペレーションプラットフォームを開発のためのプロジェクトです。

開発会社は、エストニアにあるSKYFchain.ioという企業によって行われており、既にドローンの飛行テストなどを繰り返されており、長時間・重い荷物を運べる事を実績として公開しています。

 

SKYFchain.ioが所有するドローン・オペレーションプラットフォームは、既存の物流業界でかかっているコストを50%削減することができます。

ニュースなどでも見るように、配達の人員不足や高齢化など物流業界はたくさんの問題を抱えています。

国境を越えての輸送を行う際に、ドローンを使用することに前向きな意見が出ており、ドローンが海外に配送する未来もそう遠くないかもしれません(”^ω^)・・・

 

また、SKYFchainは、物流のみならず、農業やレスキューにおいてもドローンを活躍させることができます。

例えば、人では助けに行けなかったり、物資を持ち込めない場所でも、ドローンは配送が可能なので、レスキュー中の二次災害などを防ぐことができます。

(インフラ市場450億・物流130億・農業320億の市場をターゲットとする)

 

つまり、SKYFchainは、物流から農業・レスキューまであらゆる範囲で大活躍でき、

これからの時代に適応したドローン+ブロックチェーン技術を駆使した、超優良コンテンツなのです(*´▽`*)

 

ドローン市場

ドローン市場は、ここ数年急激な規模で成長を遂げています。

これからの展開としては、多くの産業用ドローンが誕生し、今まで以上にドローン市場は成長を遂げるでしょう!

SKYFchainでは、空中ドローンの市場規模だけでも1億7200万ドルと試算しているのです。

 

今後、AMAZONもドローンを用いての配送+開発を検討しており、ドローンを使用した、近未来な配達方法が現実化するかもしれませんね(*´▽`*)

↓↓AMAZONによるドローン映像↓↓

 

これまでのドローンの問題点

ドローン市場が成長していく一方で、ドローンの問題点もあります。

もともと、ドローンは重い荷物を運ぶことができませんでした。

従来のドローンでは、5kgまでの物を飛行時間25分間で5㎞までしか運べませんでした。

また、ヘリコプターは、900kgまでのものを飛行時間7.5㎞で600㎞まで運ぶことができますが、人件費・運搬費でコストがかかってしまうことがデメリットでした。

 

一方、SKYFchainのドローンは、400kgまでのものを飛行時間8時間350㎞まで運ぶことができ、飛行実験もすでに成功しており、これまでのドローンの常識をぶちやぶる優れものの開発に成功しました\(◎o◎)/!

 

SKYFchainの目的

SKYFchainは、ロジスティックや農業の分野でかかるコストの削減として、労働費用を削減することを目的としています。

ブロックチェーン技術を用いることで、「SYIFのドローン製造」「貸物用ドローンの管理と操作」を可能とするプラットフォームを作成します。

%title %name tegory %tags

 

SEC認可済み

SECとは、アメリカ合衆国の証券取引委員会で、日本の証券取引等監視委員会及び公認会計士・監査審査会を併せ持つ組織のことを指します。

skyfchainは、なんとICO開始前に、SECによる認可を受けています。

ICO詐欺などで、購入した草コインに価値がなくなってしまったという声も多く聞かれますが、きちんとSECの認可を受けているということは、信頼性のあるプロジェクトだと分かりますね^^

 

大手企業が顧客

%title %name tegory %tags

skyfchainは、クライアントとして大手企業が顧客として並んでいます。

 

syngenyta

%title %name tegory %tags

国:スイス

事業:農業

従業員数:2万7千人

概要;NY証券取引所に上場企業

 

PONY express

%title %name tegory %tags

国:ロシア

事業:ロジスティック

概要:ISO9001取得済み

 

PRODIMEX

%title %name tegory %tags

国:ロシア

利益:年間$10億

事業:砂漠製造

従業員数:1.5万人

概要:ロシアの大手銀行を所有

 

RussianPost

%title %name tegory %tags

国:ロシア

事業:郵便

従業員数:39万人

郵便局:4万店

概要:公共事業体

 

NGKslavneft

%title %name tegory %tags

国:ロシア

事業:油田の採掘

利益:年間$22.1億

概要:skyfchainのドローン飛行チェックを実施中

 

avguest

%title %name tegory %tags

国:ロシア

事業:農業

利益:年間$22.1億

概要:作物を保護するための薬品・納品を、製造・開発している企業です

 

skyfchainロードマップ

skyfchainには、今後の展開が詳しく掲載されています。

%title %name tegory %tags

2014年―2017年

・SKYFのドローンを制作し、自動運転を成功

・空気力学的試験に成功

・500万ドルの資金調達に成功

 

ここ1年間の予定2018年―2019年

・ブロックチェーンを開発

・ドローン飛行の展開

・規制のない地域にネットワークを拡大させる

 

SKSFTトークン

%title %name tegory %tags

トークン名:SKSFT

価格:1SKSFT=$0.065

総トークン量:12億

売れ残りトークンはBURN

 

プレICO期間

 

期間:3月1日~

ターゲット:$100万

最小購入金額:3000SKSYT

価格:$0.39(40%割引中)

 

5130万枚分のSKSYTが販売されており、最小金額は3000SKSYT(現在価格1万2千円程度)となります。

ハードキャップが、$200万(およそ2億円)なので、すぐに終了することが予想されます!

 

ICO

期間:5月~START

販売量:5.28SKYST

ハードキャプ:$3000万

価格:$0.045~$0.065

ボーナス:0~30パーセントOFF

 

skyfchain登録方法

skyfchain公式サイトにアクセスし、情報を入力し「CONTINUE」をクリック

1.メールアドレス

2.パスワード

3.パスワード確認用

%title %name tegory %tags

②情報を入力し、チェック項目にチェックを入れ「SAVE」をクリック

①氏名

②生年月日

③パスポート/ID番号

④電話番号

⑤国籍

⑥以降 住所
%title %name tegory %tags

③登録したメールアドレスに確認メールが届くので、URLをクリックして認証

 

登録は以上で完了です。お疲れさまでした!^^

 

まとめ

skyfchainは、しっかりと充実したロードマップで、これからどんどん拡大していくドローン市場とブロックチェーン技術を駆使した未来を感じるプロジェクトですね。

SFCの認可も受けているということで、信頼性の高い案件だと思います。

本日40%OFFのプレセールがハードキャップに達し完売しましたが、3月10日にメインセールが前倒しになったと発表がありました!
今回プレに購入出来なかった方は10日のメインセールに参加して購入しましょう^^

 

↓↓skyfchainの登録はこちらから↓↓

%title %name tegory %tags

\ SNSでシェアしよう! /

ビットコイントレード情報局の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ビットコイントレード情報局の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
公開案件の先行配信が受けられる Line@の友達追加はこちら


国内最大手の取引所bitFlayer(ビットフライヤー)


 



国内最大手の取引所であるbitFlayerは、三井住友海上やリクルート、三大メガバンクなど超有名企業が株主としてなお連ねる。LightingFXと呼ばれるFXも人気で、迅速に出金できるのも魅力的です。まだ、登録がお済でない方は、是非アカウント解説をしておきましょう♫


通貨のラインナップが豊富!Coincheck(コインチェック)


 



アプリが非常に利用しやすいことで有名なCoincheck!初心者の方でも安心してご利用いただけます。また、仮想通貨のラインナップが豊富なので、将来性のある仮想通貨がたくさんあっておススメです♫


 


手数料を安く抑えられるZaif(ザイフ)



Zaifの魅力は、bitFlayer・Coincheckに比べて、手数料を安く抑えられるところです。また取り扱い通貨も豊富で、他の取引所にはない珍しい通貨が揃っています。値上がり前の仮想通貨で一発逆転を狙いたい方におススメです。


 


関連記事

  • 【毎週配当でお得!!】仮想通貨銀行BANKERA(バンクエラ)のICOとは?

  • 何と100%ボーナスが貰える!メディカル製品の国際取引プラットフォームm+plus